仕事内容とチームの連携

理学療法士の仕事の中核を成すのは、患者さんの運動機能を普通の生活を送られる水準にまで回復させることです。患者さんの診察が終わった後には医師や看護師の方とチームを組んで治療方針を決め、それぞれの専門家と共に治療を行っていくことになります。そのため、チームと一緒に仕事をする機会も増え、ミーティングを行って進捗度の報告なども行う必要があり、こういった治療に付随する仕事についても必要であると覚えておくと良いかもしれません。

一日の流れとしては、まずは連携を取っているチーム内でのミーティングから始まり、その後は患者さんのリハビリテーションを行う、病院ならばチームで病棟内を回診することもあります。一日の最後の仕事は翌日の準備とカルテの整理といった事務的な作業になります。とはいえ、これらは、はあくまで病院に就職して理学療法士として働く場合の話です。

介護の現場にて働くとなると、身を置いている介護施設の就業規則も異なりますし、更に必要な仕事も増えてくる可能性もあります。たとえば作業療法士のような仕事を任されることもあるかもしれませんし、介護の仕事の一部を任されることもあるかもしれません。リハビリ以外の内容が病院とは若干異なると覚えておきましょう。