理学療法士になるために必要なことは?

理学療法士は国家資格であるため、理学療法士国家試験を突破する必要があります。試験の受験資格も規定が設けられており、理学療法士の養成課程がある大学や短大、専門学校で3年以上学び、更に指定されている課程を全て修了することが条件になっています。気になる国家試験の合格率は概ね80%前後になっており、この数字を一見するとあまり難しくないと思われがちです。

しかしながら専門知識が問われる試験になるため、勉強量はかなり多く必要になります。たくさん勉強しなければまず通らないと考えておくようにしましょう。国家資格を取得した後は、実際に働くために就職の話になります。専門職であるため就職率も高く、とりあえず資格さえ取得しておけば就職難に陥る可能性は低いといえます。働き口としてメジャーなのは病院ですが、先に述べたように、近年では介護施設などで働く理学療法士も増えてきています。

理学療法士になるためにまず必要になるのは、国家資格です。試験を突破するためには勉強が必要ですので、進学先についてはしっかりと考えておかなければなりません。試験の合格率で決めたり就職率で決めたりなど、具体的なデータを参考にして進学する学校選びを進めるのも良いでしょう。